texexec の変更点

TeX Live 2011 へ移行したら、texexec の挙動が変わっていた。

例えば、昔

texexec --pdfarrange --paper=a4a3 --print=up --result out.pdf inpdf

としていたものが、今は、

texexec --pdfarrange --paperformat=a4a3 --print=up --result=out in.pdf

にしなければならないらしい。まとめると、

  1. --paper は無くなって --paperformat になった
  2. --result の引数の取り方が変更になった(「=」が必要、拡張子不要)