当サイトで配布中のバイナリを利用する際の注意

X11 について

当サイトで配布しているバイナリの多くは X11 を必要としますが、Mountain Lion 以降のバージョンからは X11 が付属せず、代わりに X11 を起動しようとすると、XQuartz をインストールするよう誘導されます。当サイトで配布しているバイナリを利用する場合は、指示に従って XQuartz をインストールしてください。ただし、一旦インストールすると、OS を再インストールする以外に元に戻す方法がありませんので、慎重に判断してください。

Apple: X11 および OS X について

Gatekeeper について

一部のバイナリを実行しようとすると、「開発元が未確認のため開けません。」というつれないメッセージが表示され、実行できません。初回のみ以下の手順により起動すると、次回からは普通にダブルクリックで起動できるようになると思います。

  1. アイコンを右クリック(もしくは「control」キーを押しながら左クリック)。
  2. 表示されるコンテクストメニューから「開く」を選択。

上記の手順でも開くことができない場合は、以下の要領で拡張属性を削除する必要があるかもしれません。

xattr -rc /Applications/gnuplot.app
xattr -rc /Applications/Maxima.app

Apple: Gatekeeper について

最終更新日:2015/01/22

メモリーの製造元

裏蓋をあけたついでにメモリーを 4GBx2 = 8GB にしてみました。製造元は 0x802C、Micron 製でした。Vender ID と製造元の関係は以下の通り。

0x2C00 Micron Technology, Inc.
0x5105 Qimonda AG i. In.
0x802C Micron Technology, Inc.
0x80AD Hynix Semiconductor Inc.
0x80CE Samsung Electronics, Inc.
0x8551 Qimonda AG i. In.
0xAD00 Hynix Semiconductor Inc.
0xCE00 Samsung Electronics, Inc.

出典はこちら、
http://www.cisco.com/web/techdoc/ucs/reference/tree/c/commands/show_dimm__chassis.html

コンテクストメニューをリセットする

コンテクストメニューにダブりが発生した場合の対処法(一行で実行)

/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/A/Support/lsregister -kill -r -domain system -domain local -domain user

液晶パネルのメーカー識別法

Terminal で

ioreg -lw0 | grep IODisplayEDID | sed "/[^<]*</s///" | xxd -p -r | strings -6

を実行する。ちなみに今使っている MacBook Pro 17inch は

LTN170CT10
Color LCD

と言う訳で、Samsung 製。なお、頭文字とメーカー名の対応関係は以下の通り。

頭文字 メーカー名
B AUO
LP LG
LT Samsung