MacBook Pro を SSD 化

ハードディスクの動作音が大きくなってきたような気がしたので、MacBook Pro 17-inch Mid 2010 を SSD 化してみました。購入したのは「MZ-7PC512-BULK」(約 60,000 円)です。

  1. 早速外付けにして、Carbon Copy Cloner でフルバックアップ
  2. 外付けのまま起動できることを確認
  3. 裏蓋をあけて
  4. 内蔵 HDD を取り出し、交換
  5. 裏蓋を戻して
  6. 起動 ..... タ、タチアガラナイ

元の HDD で起動してみると、Finder 君から「このコンピュータでは読み取れない」とのメッセージが。その昔、Logitech のハードディスクで「数日たつとデーターが消える」現象に出会ったことを思い出してしまいました。

iTunes Library.xml

10.5 からだろうか?「iTunes Music Library.xml」が「iTunes Library.xml」になっている。残念ながら、iTunes で言うところの「場所」が長過ぎると間違った情報が記録されてしまう問題は改善されていない。

texexec の変更点

TeX Live 2011 へ移行したら、texexec の挙動が変わっていた。

例えば、昔

texexec --pdfarrange --paper=a4a3 --print=up --result out.pdf inpdf

としていたものが、今は、

texexec --pdfarrange --paperformat=a4a3 --print=up --result=out in.pdf

にしなければならないらしい。まとめると、

  1. --paper は無くなって --paperformat になった
  2. --result の引数の取り方が変更になった(「=」が必要、拡張子不要)

Mac mini のファン回転数

SSD を 2 台積めるので、Mac mini Lion Server を買おうと思って調べてみたら、ファンの最低回転数に違いがあるらしい。

Mac mini ファンの最低回転数
梅(一番安いやつ) 1,800 rpm
竹(Radeon HD 6630M)
松(Quad Corei 7) 2,300 rpm

Ivy Bridge を待った方が良いかも。