Ghostscript.app

ご利用の前に、必ず「トップページ」をご覧下さい。

Lion から Yosemite までの OS で利用可能です。ただし、Mountain Lion 以降の場合は、別途 XQuartz のインストールが必要です。

Quick Start

展開(解凍)して、「アプリケーションフォルダ(/Applications)」に入れればインストール完了です。ダブルクリックすれば gv が起動します(初回のみ、「右クリック」→「開く」により起動する必要があるかもしれません。「関連情報」)。また、PS ファイルや PDF ファイルをアイコンにドラッグ&ドロップすると、そのファイルを gv で開きます。

[補足]

ターミナル(Terminal)から gv や ps2pdf を利用する場合は、/Applications/Ghostscript.app 及び /Applications/Ghostscript.app/bin にこの順番でパスを通しておくと上手く機能すると思います。

export PATH=/Applications/Ghostscript.app:/Applications/Ghostscript.app/bin:$PATH

[発展]

基本的に日本語は全てヒラギノフォントを使いますが、適切に設定すれば各種日本語フォントを gs や gv から利用することができます。設定変更に利用されるファイル・フォルダは下記のものです。

  • フォント置き場:/Applications/Ghostscript.app/share/ghostscript/9.19/Resource/CIDFont/
    TrueType の場合(例):/Applications/Ghostscript.app/share/ghostscript/fonts/TrueType
  • フォントの設定:/Applications/Ghostscript.app/share/ghostscript/9.19/Resource/Init/cidfmap