更新履歴[Mac OS X バイナリ]gnuplot.app、Maxima.app、wxMaxima.app

年末年始の間に、古くなっていた gnuplot.appMaxima.app を更新しました。同時に、しばらく掲載できていなかった wxMaxima.app についても、開発者の皆様のお陰で OS X でもまともに動くようになりましたので、再掲載しました。

なお、wxMaxima.app では、pm3d を無効化出来ませんが、これは Maxima の仕様のようです(以下 src/gnuplot_def.lisp の 413 行目参照)。変更してほしいと感じるのは私だけでしょうか?

412 (defun gnuplot-plot3d-command (file palette gstyles colors titles n) 
413 (let (title (style "with pm3d"))

 

オリジナルからの変更点は下記の通りです。

[変更点:gnuplot_def.lisp(Maxima.app、wxMaxima.app)]

オリジナルの Maxima では、プロットコマンド(plot2d、plot3d)のターミナルタイプが wxt になっています。

467 "set term wxt size 640,480 font \",12\"; set term pop")))

従って、素朴に

(%i1) plot2d(x^2, [x, -1, 1]);

などと実行してもグラフは出力されません(その都度 [gnuplot_term, "x11"] を付けなければならない)。とても不便なので、x11 に変更させていただきました。

467 "set term x11; set term pop")))

[変更点:Plot3dWiz.cpp(wxMaxima.app)]

オリジナルの wxMaxima.app では、3 次元プロットの「表示方法」として、

ドキュメント内で表示
gnuplot
openmath

を選べますが、「gnuplot」ではマウスでグリグリ動かせないので、gnuplot_pipes に変更させていただきました。

74 wxT("gnuplot_pipes"),

また、「オプション」欄は「set pm3d at b」がデフォルトになっています。そもそも不便ですし、上述の通り、pm3d を無効化することは出来ませんから、デフォルトを「空欄」に変更させていただきました。