ヒラギノ丸ゴ Pro W4 + Arial Rounded Regular

「ヒラギノ丸ゴ Pro W4」を利用する機会は滅多にありませんが、いざ使おうとしたとき、組み合わせる欧文フォントが決められず、悩ましい限りです。

通常は

  1. LX Fonts(Computer Modern Sans Serif Quotation)を使う。
  2. hirapro を使う。

辺りで妥協することが多いのではないかと思いますが、せっかくですから高品質なフォント「Arial Rounded Regular」を使いましょう、と言う話です。こちらで購入できます(購入するのはもちろん PostScript です)。

  1. Arial Rounded Regular: ITCfonts.com
  2. Arial Rounded Volume: ITCfonts.com

まず始めにやるべきことは、Berry 名の特定です。

この中に、運良く、次のような記述が見つかります。

mhrr8a    ArialRoundedMT                    MT  1216    arr_____
mhrb8a    ArialRoundedMT-Bold               MT  1216    arrb____
mhrx8a    ArialRoundedMT-ExtraBold          MT  1216    arreb___
mhrl8a    ArialRoundedMT-Light              MT  1216    arrl____

必要な情報がわかれば、後はただひたすら TFM、VF を生成し、所定の位置に配置していくだけです(MAP ファイルと FD ファイルも作成しなければなりませんが)。

早速、OT1 エンコード用の TFM、VF を生成します。フォント一式(arr_____.afm、arr_____.pfb、arr_____.pfm)が入っているフォルダで以下それぞれを実行します。

afm2tfm arr_____.afm -p 8r.enc -t 7t.enc -v mhrr7t.vpl mhrr8r.tfm
afm2tfm arrb____.afm -p 8r.enc -t 7t.enc -v mhrb7t.vpl mhrb8r.tfm
afm2tfm arreb___.afm -p 8r.enc -t 7t.enc -v mhrx7t.vpl mhrx8r.tfm
afm2tfm arrl____.afm -p 8r.enc -t 7t.enc -v mhrl7t.vpl mhrl8r.tfm
for i in *.vpl; do vptovf $i; done

実際にヒラギノ丸ゴ Pro W4 と組み合わせて使うのは「Arial Rounded Regular」のみですから、最初と最後の行だけ実行すれば十分です。T1 用と TS1 用も同様に実行します。

afm2tfm arr_____.afm -p 8r.enc -t fontools_ts1.enc -v mhrr8c.vpl mhrr8r.tfm
afm2tfm arrb____.afm -p 8r.enc -t fontools_ts1.enc -v mhrb8c.vpl mhrb8r.tfm
afm2tfm arreb___.afm -p 8r.enc -t fontools_ts1.enc -v mhrx8c.vpl mhrx8r.tfm
afm2tfm arrl____.afm -p 8r.enc -t fontools_ts1.enc -v mhrl8c.vpl mhrl8r.tfm
for i in *.vpl; do vptovf $i; done
afm2tfm arr_____.afm -p 8r.enc -t ec.enc -v mhrr8t.vpl mhrr8r.tfm
afm2tfm arrb____.afm -p 8r.enc -t ec.enc -v mhrb8t.vpl mhrb8r.tfm
afm2tfm arreb___.afm -p 8r.enc -t ec.enc -v mhrx8t.vpl mhrx8r.tfm
afm2tfm arrl____.afm -p 8r.enc -t ec.enc -v mhrl8t.vpl mhrl8r.tfm
for i in *.vpl; do vptovf $i; done

毎回 8r エンコードの TFM ファイル(mhrr8r.tfm 等)が生成されますが、全て同じものだと思います。

MAP ファイル「monotype.map」の内容:

mhrr8r ArialRoundedMT " TeXBase1Encoding ReEncodeFont " <8r.enc <arr_____.pfb
mhrb8r ArialRoundedMT-Bold " TeXBase1Encoding ReEncodeFont " <8r.enc <arrb____.pfb
mhrx8r ArialRoundedMT-ExtraBold " TeXBase1Encoding ReEncodeFont " <8r.enc <arreb___.pfb
mhrl8r ArialRoundedMT-Light " TeXBase1Encoding ReEncodeFont " <8r.enc <arrl____.pfb

OT1 用 FD ファイルの内容:

\ProvidesFile{ot1mhr.fd}[2012/09/16 v1.0 ArialRoundedMT]
\DeclareFontFamily{OT1}{mhr}{}
\DeclareFontShape{OT1}{mhr}{eb}{n}{<-> mhrc7t}{}
\DeclareFontShape{OT1}{mhr}{b}{n}{<-> mhrb7t}{}
\DeclareFontShape{OT1}{mhr}{l}{n}{<-> mhrl7t}{}
\DeclareFontShape{OT1}{mhr}{m}{n}{<-> mhrr7t}{}
\endinput

T1 用 FD ファイルの内容:

\ProvidesFile{t1mhr.fd}[2012/09/16 v1.0 ArialRoundedMT]
\DeclareFontFamily{T1}{mhr}{}
\DeclareFontShape{T1}{mhr}{eb}{n}{<-> mhrc8t}{}
\DeclareFontShape{T1}{mhr}{b}{n}{<-> mhrb8t}{}
\DeclareFontShape{T1}{mhr}{l}{n}{<-> mhrl8t}{}
\DeclareFontShape{T1}{mhr}{m}{n}{<-> mhrr8t}{}
\endinput

TS1 用 FD ファイルの内容:

\ProvidesFile{ts1mhr.fd}[2012/09/16 v1.0 ArialRoundedMT]
\DeclareFontFamily{TS1}{mhr}{}
\DeclareFontShape{TS1}{mhr}{eb}{n}{<-> mhrc8c}{}
\DeclareFontShape{TS1}{mhr}{b}{n}{<-> mhrb8c}{}
\DeclareFontShape{TS1}{mhr}{l}{n}{<-> mhrl8c}{}
\DeclareFontShape{TS1}{mhr}{m}{n}{<-> mhrr8c}{}
\endinput

購入したフォントの他、TFM、VF、MAP、FD の各ファイルを所定に位置に移動して、TeX から利用できるよう次の命令を実行すれば完了です。

[~]> mktexlsr
[~]> updmap --enable Map=monotype.map

利用例は以下の通り。

\documentclass[14pt]{jsarticle}
\usepackage[TS1,T1]{fontenc}
\usepackage{textcomp}
\usepackage[deluxe]{otf}
\usepackage{okumacro,boxedminipage}
\pagestyle{empty}

% rgfamily
\DeclareRobustCommand\rgfamily{%
\kanjifamily{mg}%
\kanjiseries{m}%
\romanfamily{mhr}%
\romanseries{m}%
\selectfont}

\setlength{\fboxsep}{1zw}
\setlength{\parindent}{0pt}

\begin{document}

夏目漱石「倫敦塔」

\begin{quote}
\begin{boxedminipage}{\linewidth}
\rgfamily
「ここにあるのは Acorns でこれは Ambrose の事です。こちらにあるのが Rose で Robert を代表するのです。
下の方に\ruby{忍冬}{にんどう}が\ruby{描}{か}いてありましょう。
忍冬は Honeysuckle だから Henry に当るのです。
左りの上に\ruby{塊}{かたま}っているのが Geranium でこれは G……」と云ったぎり黙っている。
\end{boxedminipage}
\end{quote}

桑原隲蔵「東西交通史上より観たる日本の開発」

\begin{quote}
\begin{boxedminipage}{\linewidth}
\rgfamily
唐時代の支那人は倭國をワクウオク(Wa-kwok)と稱した筈であるから、
そのワクウオクを聞き傳へたアラビア商人達が、ワクワク(W\^akw\^ak)と訛つたものであらう。
\end{boxedminipage}
\end{quote}

\end{document}

 

mhr