サイト閉鎖に係る後処理(Maxima)

Homebrew で Maxima をインストールする方法をまとめておきます。

前述の通り、gnuplot 及び pango は非公式のものをインストールしなければならない関係で、単純に brew install maxima ではインストールできません。--ignore-dependencies を付けるか、設計図 /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core/Formula/maxima.rb を修正してインストールすることになります。

設計図 maxima.rb を修正する場合は、依存関係にある gnuplot と rlwrap に関する合計 2 行を削除ないしコメントアウトするだけでよいようです。

  depends_on "sbcl" => :build
  depends_on "gettext"
#   depends_on "gnuplot"
#   depends_on "rlwrap"

その後は普通に、

brew install maxima

とインストールし、rlwrap も手動でインストールします:

brew install rlwrap

ただし、maxima-index.lisp が壊れているため、オンラインマニュアルを参照できません(? 関数、などが使えない)。よく見ると起動時に warning: ignoring an empty documentation index in /usr/local/Cellar/maxima/5.43.0/share/info/./ のような警告が出ると思います。

公式サイトのソース maxima-5.43.0.tar.gz には正常なものが入っていますので(doc/info 内にあります)、それで置き換える必要があります。一応下記に置いておきます。

<ダウンロード>

なお、設計図 maxima.rb を修正後に(sbcl もインストールして)、--build-from-source でインストールしてみたところ、maxima-index.lisp はやはり壊れてしまいました。