コマンドプロンプトがびっくりするほど遅い件

コマンドプロンプト(や PowerShell)がびっくりするほど遅いのは私だけでしょうか。

Windows があらゆる面で低速なことを今更あげつらうつもりはありませんが、TeX ファイルのタイプセットがあまりに遅いので、cygwin と比較してみたところ、実測で倍近く時間がかかるようです。

原因の特定には至りませんでしたので、とりあえず TeX ファイルのタイプセットには、mintty(cygwin)を使うことにしました。

c:\cygwin64\bin\mintty /bin/bash -c "platex -kanji=utf8 -no-guess-input-enc file.tex && dvips file.dvi"

秀丸マクロの例

下記は、TeX ファイルを PostScript ファイル変換する秀丸マクロの例です。

$texfile = basename2;
$ext = rightstr( $texfile, 4 );
if ($ext == ".tex") {
	$base = leftstr( $texfile, strlen( $texfile )-4 );
	runsync2 "c:\\cygwin64\\bin\\mintty /bin/bash -c \"platex -kanji=utf8 -no-guess-input-enc " + $base + " && dvips " + $base + "\"";
} else {
 	message "拡張子(" + $ext + ")が .tex ではありません。";
}
endmacro;

※ mintty を起動した瞬間に return を返してしまうようで、runsync2 が終了を待ってくれません。従って、残念ながらこの手法は Acrobat との連携SumatraPDF との連携には使えません。