OTC から OTF を抽出

FontForge を使えば、新しい(拡張子が ttc の)ヒラギノから単体の(拡張子が otf の)ヒラギノを抽出できるようです。

FontForge(※1) で El Capitan 付属のヒラギノフォントを開いて、「Generate Fonts」を実行するだけの簡単な作業で OpenType フォントを生成でき、Ghostscript からも利用できるようになるようです(cf. 全自動抽出スクリプト

HiraMinProN-W3 でしか実験していませんが、フォント一覧を出力してみたところ、特に文字が抜け落ちるというような致命的な欠陥もなさそうです。

El Capitan 入りの Mac を買ってしまった場合は、Ghostscript が新しいヒラギノに対応するまでの間、この方法でしのげるかもしれません。

なお、フォント一覧の出力に使った TeX ファイルはこちら「aj1-6.tex」です(※2)


aj1-6.tex の生成に使った Perl スクリプト:

#!/usr/bin/perl -w

print << "EOF";
\\documentclass[8pt]{jsarticle}
\\usepackage[papersize={210truemm,297truemm},vmargin={0.5truecm,0.5truecm},hmargin={0.5truecm,0.5truecm},nohead,nofoot]{geometry}
\\usepackage{otf}
\\pagestyle{empty}
\\parindent=0pt
\\begin{document}
\\setlength{\\tabcolsep}{0.32\\tabcolsep}
\\renewcommand{\\arraystretch}{0.807}
EOF

my $aj16 = 23057;

&begintabular;

for (my $i = 0; $i < 24000; $i++) {
	if ($i % 50 == 0) {
		print "$i\&";
	}
	if ($i <= $aj16) {
		print "\\CID{$i}";
	}
	if (($i + 1) % 50 == 0) {
		print "\\\\\n";
	} else {
		print "\&";
	}
	if (($i + 1) % 500 == 0) {
		print "\\hline\n";
	}
	if ((($i + 1) != 24000) and ($i + 1) % 4000 == 0) {
		&endtabular;
		print "\\newpage\n";
		&begintabular;
	}
}

&endtabular;
print "\\end{document}\n";

sub begintabular {
	print << "EOF";
\\begin{tabular}{|r|cccccccccc|cccccccccc|cccccccccc|cccccccccc|cccccccccc|}
\\hline
\&\\multicolumn{10}{c|}{0〜9}\&\\multicolumn{10}{c|}{10〜19}\&\\multicolumn{10}{c|}{20〜29}\&\\multicolumn{10}{c|}{30〜39}\&\\multicolumn{10}{c|}{40〜49}\\\\
\\hline
EOF
}

sub endtabular {
	print << "EOF";
\\end{tabular}
EOF
}

(※1) 2005 年 8 月 24 日付の FontForge は起動スクリプトのバグと必要なライブラリの欠如のため、ほとんどの人は起動できないはずです。より新しいバージョンがあればそれを、無ければ「Daily Development Snapshots」を利用してください。なお、現在の FontForge は、全てのファイルが本体に内蔵されているため、簡単にアンインストール出来、気軽に試すことができます(XQuartz は必要です)。

(※2) ヒラギノは Adobe-Japan1-5 ですが、Adobe-Japan1-6 までの表にしてあります。