Artifex GSView 6.0(Mac 用)

Windows 版に引き続き、Mac でも GSView 6.0 を試してみました。

Ghostscript で PDF 化し、MuPDF で表示しているようです。まだまともにスクロールさえできないような代物ですが、意外と軽快に動作し、かつ X11 が不要なため、今後は単体の Ghostscript や gv に代わり、この GSView が主流になっていくかもしれません。

入手先

http://www.gsview.com/

インストール方法

Windows 版と同様、現行バージョンでは Ghostscript 9.18 を内蔵し、利用しているため、それ用に設定するだけですが、OpenType フォントの置き場所はやや特殊です。

まず、Yosemite までに付属していたヒラギノフォント(へのリンク)を

/usr/local/share/ghostscript/fonts/CIDFont/

に入れておきます。普通の場所「/usr/local/share/ghostscript/9.18/Resource/CIDFont」ではダメなようです。言わずもがなですが、ファイル名は以下の通りです。

HiraMinPro-W3
HiraMinPro-W6
HiraMaruPro-W4
HiraKakuPro-W3
HiraKakuPro-W6
HiraKakuStd-W8
HiraMinProN-W3
HiraMinProN-W6
HiraKakuProN-W3
HiraKakuProN-W6
HiraKakuStdN-W8
HiraMaruProN-W4

次に、CMap との合成を行うファイル(HiraMinPro-W3-H など)を

/usr/local/share/ghostscript/9.18/Resource/Font

ここに作っておけば完了です。