秀丸で TeX を使う設定

他人の作ったマクロだと、不要なものでてんこ盛りになってしまうので、自前で用意するための備忘録。

TeX ファイルから PostScript ファイルを生成する

platex を実行後、dvips を実行するマクロ

$file = basename2;
$ext = rightstr( $file, 4 );
if ($ext == ".tex") {
	$base = leftstr( $file, strlen( $file )-4 );
	runsync2 "cmd /c platex " + $base + " && dvips " + $base;
} else {
 	message "拡張子(" + $ext + ")が .tex ではありません。";
}
endmacro;

参考:上記のマクロを実行すると、コマンドプロンプトが起動し、その中でタイプセットが行われ、終了するとコマンドプロンプトが自動的に閉じます。コマンドプロンプトではなく、アウトプット枠へ出力するマクロは別の記事「秀丸で TeX を使う設定(アウトプット枠へ出力)」にあります。

TeX ファイルから PDF ファイルを生成する

platex を実行後、dvips を実行し、更に ps2pdf を実行するマクロ

$file = basename2;
$ext = rightstr( $file, 4 );
if ($ext == ".tex") {
	$base = leftstr( $file, strlen( $file )-4 );
	$ps = $base + ".ps";
	runsync2 "cmd /c platex " + $base + " && dvips " + $base + " && ps2pdf " + $ps;
} else {
 	message "拡張子(" + $ext + ")が .tex ではありません。";
}
endmacro;

GSview で PostScript ファイルを開く

$GSview = "C:\\Program Files (x86)\\Ghostgum\\gsview\\gsview32.exe";
$file = basename2;
$ext = rightstr( $file, 4 );
if ($ext == ".tex") {
    $base = leftstr( $file, strlen( $file )-4 );
    $ps = $base + ".ps";
    if ( existfile( $ps ) ) {
        run $GSview + " " + $ps;
    } else {
        message "PS ファイルが存在しません。";
    }
} else {
    message "拡張子(" + $ext + ")が .tex ではありません。";
}

Acrobat で PDF ファイルを開く

$Acrobat = "C:\\Program Files (x86)\\Adobe\\Acrobat 10.0\\Acrobat\\Acrobat.exe";
$file = basename2;
$ext = rightstr( $file, 4 );
if ($ext == ".tex") {
	$base = leftstr( $file, strlen( $file )-4 );
	$pdf = $base + ".pdf";
	if ( existfile( $pdf ) ) {
		run $Acrobat + " " + $pdf;
	} else {
		message "PDF ファイルが存在しません。";
	}
} else {
	message "拡張子(" + $ext + ")が .tex ではありません。";
}
endmacro;